Press "Enter" to skip to content

今からでも夢をかなえられるアニメの監督

アニメ作品に関する総監督であるアニメの監督は、空想を感動に変えることができる素晴らしいお仕事です。具体的な仕事内容は、映画監督やテレビドラマの演出家と同じように、作品全体の構想を描き出して演出を行います。アニメーターとのやり取りが基本的な仕事内容となり、作品に使われる音楽や声優へ細かな指示を出し、作品のイメージを自ら描き出すケースもあります。アニメに関する知識だけでなく、一般的な映画や映像に関する知識も必要です。さまざまな角度から人物や物を正確に描く画力が求められるため、デザイン系の専門学校などで描写力やデッサン力を高めることが必要です。その後はアニメーターとして制作会社に入社して、フリーランスで実際に絵を描く経験を積み、実績を増やすことで監督としての仕事をするチャンスを得ることができます。年齢制限などはないため、本気を出せば今からでもアニメの監督になれるチャンスがあります。

アニメの監督になるためのポイントとは

アニメが好きな方なら自分でアニメを作ってみたいと憧れたことがあると思いますが、どうしたらアニメの監督になれるのでしょうか。まず一般的なのは、アニメを制作している会社に入社し、アニメーターの経験を積んでから監督となるケースです。他にもアニメの専門学校や美術系の大学でアニメに関する知識だけでなく、脚本や演出などの技法をはじめとして、撮影や照明、編集技術、音響を学ぶこと、さらには映像が見る人に与える心理的な影響まで幅広く学ぶことで監督として仕事内容に幅や深みが出ます。他にも自主製作映画を撮影してコンペに出し、賞を取ることで新しい作品の監督となるチャンスを得る方法や、テレビやCM業界から転身する方法もありますが、いずれにしても専門技術や知識を持っていることが不可欠となります。

アニメの監督には、こんな人が向いています

もちろんアニメが大好きな人ということが前提条件となりますが、他にも成功するまで諦めない強い心を持っている方、行動力がある方、アニメで成功するという大きな夢を持っている方、想像力が豊かで感性が鋭い方がアニメの監督には向いていると言えるでしょう。しかしアニメを制作するためには監督自らがストーリーを一から考え、絵を描いて製作するケースもありますが、多くの場合、制作チームとなる数多くのスタッフをまとめて指揮をとる必要があるため、統率力がかなり求められる仕事となります。さらにアニメに関する深い知識を持っていることや、伝えたいメッセージや想いを作品に上手に反映させることができる演出力、限られた時間の中で完成に向けて進めることができるマネジメント能力も求められる仕事となります。