Press "Enter" to skip to content

アニメの監督になるために必要なもの

日本の漫画市場は、世界で第1位、市場規模は日本円では2,000億円を上回っています。漫画とアニメーションは同ジャンルで扱われていて、漫画からアニメーションへ、アニメーションから漫画へといった作品が続々と生みだされています。アニメ作品は、テレビはもとより、インターネットや映画館でも楽しむことができます。ファンの年齢層も幅広く、年齢を問わず楽しめる作品が数々あります。そのアニメの監督は、作品を作りだす上で重要なポジションで、全体の進行や演出を行います。そして、現代ではデジタルワークは一通り理解していないと仕事がはかどらないでしょう。アニメ監督になるために必要なこと、ものとはいったい何でしょうか。ファンの心をひきつける作品を生みだせる監督になるために必要なものをご紹介します。

アニメの監督になるにはたくさんの知識が必要

アニメに限らず、映画監督などの演出家は多くの知識が必要です。作品の時代背景や服装、食べ物など、具体的な指示やクリエイティブな仕事、例えばキャラクターを作り出すことまで作品全ての配慮が必要です。キャラクターを0から作り出すことは、想像力と画力が必要です。画力がなくても監督にはなれますが、作品にマッチしたキャラクターなのか、最終の判断力が要求されます。作品だけでなく、スタッフの管理も要求されます。人間のマネージメントは、作品の進行度を左右する大切な仕事です。スタッフのストレスや健康などにも気づかいのできる人間的に魅力ある人は、誰からも信頼され仕事ができる監督になれるでしょう。さらにデジタルの技術を全く知らないと、現代では作品を作り上げることはできません。作品作りに必要なソフトの操作方法などは必須の知識となります。

アニメの監督に近づくために進む学校

実際にアニメの監督になるための一番の近道は、アニメ監督コースのある専門学校に進むことがおすすめです。身内にアニメ関係の仕事に全く関係のない人ばかりの場合、一足飛びにアニメの監督になりたいと思ってもほぼ不可能でしょう。専門学校で指導している講師は、現場で仕事をしているプロフェッショナルがほとんどです。現場で行う作業工程や、仕事を実際に指導してもらえるだけでなく、卒業後の進路や就職の相談もできます。学校には学生課があり、進学や就職活動も学校でフォローしてもらえ、自分一人で就職活動するよりも心強く、就職活動もスムーズに進みます。専門学校での学習により、自分の個性がさらに引き出され、アニメの監督としての適性も判断できます。学校に進学することは遠回りの様ですが、より確実に自分の夢に進む近道です。