Press "Enter" to skip to content

人気がある職業の1つはアニメの監督

今、人気のある職業の中にランクインされているアニメ監督ですが、テレビでは様々なアニメが放送され、時間帯も様々な時間に放送されています。他にも、アニメの映画も放映されており、最近は特に多くなってきています。アニメの監督になりたいという方は、元からアニメが好きな方が憧れる職業の一つです。また、アニメが好きでも演じるための声優ではなく、作る側でいたい、自分が大好きな原作をいつか映像化したいと考える方は少なくはありません。他にも、原作がなく、オリジナルの映画も多くなっています。他にも様々なジャンルの監督がありますが、この人気の職業にランクインされているアニメ監督になるためには、一体どのようなことを行えばなれるのか、どのような勉強やマニュアルがあるのかなどを紹介していきます。あきらめずに夢をかなえましょう。

アニメ監督とはいったいなにを行うのか

アニメ監督になりたいと考えていても、一体どのような仕事内容を行うのかしっかりと把握をしていない方は多いのではないのでしょうか。アニメ監督とは、演出家ともいわれています。簡単に言うと、演出家の一番偉い人と考えるのが一番わかりやすいでしょう。そのため、絵を描けなくてはいけないという必要があまりありません。今有名なアニメ監督の中でも、全く絵が描けない方もたくさんいます。監督としての仕事となると、とにかく様々な打ち合わせを行う仕事が多いです。打ち合わせにも様々なものがあり、コンテの打ち合わせや、演出に関しての打ち合わせなどたくさんあります。他には、レイアウトや原画のチェック、編集などの指示を出すこと、修正などを行い、全てのリテイクが終わると、ポストプロダクションが行われて、納品します。このようなことがアニメ監督の仕事の一部になります。

夢のアニメ監督になるための準備

アニメ監督になるには、まず芸術系の大学か、専門学校に行きアニメーションを学ぶことがお勧めです。しかし、特に資格などが必要なわけではないため、高卒でもなることはできます。しかし、こちらでは全て手探り、独学で学ばなければいけないため、大変な道になります。また、アニメーションの制作会社に勤めて学ぶというのも手ではありますが、自分の仕事内容だけで精一杯になる可能性が高いため、基礎を学生としてしっかりと学んだ方が、自分のためになるでしょう。最近は、アニメ監督だけが人気な職業ではなく、アニメーターやCG作画なども人気があるため、アニメーション制作関係の専門学校が増えてきています。基礎を中心にしっかりと学びたい2年制や、就職してすぐに即戦力になりたい、自分で自作のアニメーションを作りたいと考えている場合、しっかりと全てのことを学ぶことが出来る4年制など様々なものを選ぶことが出来ます。