Press "Enter" to skip to content

アニメ好きなら監督を目指してみよう

小さいころから慣れ親しんでいるアニメですが、テレビや映画館で見ていてアニメってどうやって作っているのかと疑問に思ったり作る側にまわってみたいと思ったことはありませんか。アニメが大好きなら自分が監督になって作ってみるのも楽しいと思います。しかし楽しいからやってみようで簡単にできる仕事では無いことは分かります。まずアニメ映画の監督と通常の実写の映画監督との違いは自分でアニメ絵コンテを書いて制作スタッフに自分の描きたい内容を伝えなければいけないということです。言葉では上手く伝えられない仕草や表情を絵で表現していくわけですから、最低限、アニメの絵を描く能力はあった方がよいと言えます。まずは作品への思いを他の人に伝えるために専門学校などに通い絵コンテの能力を身につけることをお勧めします。

アニメの監督になるために必要な下積み

アニメの監督になるために必要な事にはどんなものがあるでしょうか。アニメの監督とは作品を作る総合的演出をする人のことです。つまりアニメの演出家です。演出家は脚本家が出してきた内容を絵コンテにし、修正を繰り返してアニメを作り上げていく仕事をします。そしてその演出家を育てる部署と言えるのが制作進行です。制作進行は就職する時の制限が少なく専門的な資格などもいらないので基本は運転免許証があれば誰でも入れます。制作進行はアニメ制作の全てを覚えることが出来るので監督になる一番の近道とも言えます。またアニメーターという仕事も絵コンテを描く上で必要な事を学べるのでこちらから監督になるという人もいます。それ以外にも撮影スタッフから監督になっていくという人もいます。まずは自分に合った下積みの場所を選んで就職することがアニメの監督になるための知識を得る第一歩です。

アニメの監督になる前にやっておくべき準備

アニメの監督だからと言ってアニメーションのことだけ勉強すれば出来るというものではありません。例えば声優さんやアニメの中で使用する音楽などにも指示を与えるのが監督です。アニメの知識はもちろんのこと、一般的な映画や映像、音声のことも勉強しておくことが大切です。そして絵コンテを描く上で大切なのはデッサン能力です。第三者に見せた時に表情や仕草が的確に伝わるようなデッサン力が必要です。デザイン系の科がある専門学校や大学で学んでおく方が良いです。また監督が制作チームをまとめてスタッフを動かしていくわけですからリーダーとしての素質、マネジメント能力も必要不可欠です。どんな仕事でも同じですが、アニメの監督になる為の下積み期間は数年間に及ぶ場合が多いです。アニメーターなどの仕事は給料も歩合制のところがほとんどですので稼ぎが少ない期間が長くなります。ある程度の貯蓄をしておくことも大切な準備と言えます。